クレジットカードを比較|クレカ初心者のための基礎知識

クレジットカード比較

CAPARE
クレジットカードの管理方法

学生がクレジットカードを利用する場合の注意点

クレジットカードはその便利さが故、つい使いすぎてしまったというケースも少なくありません。クレジットカードを利用する場合には、現金に代わる支払手段であるという認識は常に持つべきですが、特に学生の場合には、社会人の方と比べ収入が限られているため、より慎重に使うべきだと思います。このページでは、学生がクレジットカードを利用する上での注意点やリスクについてまとめています。

学生がクレジットカードを利用する上での注意点について

クレジットカードの利用はある種の借金であり、一時的にカード会社から借りているに過ぎません。クレジットカードは限度額(利用可能枠)の範囲内であれば上限まで利用できますが、自身の支払い能力を上回る使い方をした時点で、カード会社からの請求に対して、支払いができなくなってしまいます。

また、分割払いはその場の資金難を助ける非常に便利な支払方法ですが、手数料が発生するため、最終的な支払い額は一括払いよりも多くなってしまいます。どうしても今必要という場合を除き、可能な限り利用しないほうが総合的な出費を抑えることができます。クレジットカードによっては手数料を抑えることができるカードもあるため、分割払いを利用する前提でクレジットカードを使う場合には、クレジットカード選びの選択肢のひとつとして考慮しましょう。

クレジットカードの支払いができなかった場合のリスクについて

カード会社の請求に対し支払いができなかった場合には、遅延損害金の請求と信用情報にその旨が記載されてしまうというリスクが発生します。

学業を卒業し社会人になると、自動車など必要な出費も発生することもあると思います。将来、様々な場面でローンを利用することを考えれば、クレジットカードの支払いの延滞記録が信用情報にあった場合、ローンの審査に通らなくなってしまう可能性が高くなり、ローンが利用できなくなってしまいます。

クレジットカードには分割払いなどの便利な機能がありますが、将来のためにも計画的な利用を心掛けましょう。

他の記事を読む