クレジットカードを比較|クレカ初心者のための基礎知識

クレジットカード比較

CAPARE
クレジットカードの管理方法

増えすぎたクレジットカードの整理のすすめ

カード会社は新規の会員を増やすために様々なお得なキャンペーンを実施しており、そのキャンペーンも通常の入会と比べ大変お得な内容となっています。その場でのお得さに釣られつい申込手続きをしてしまい、気が付いたら複数枚のクレジットカードを所持していたという方もいるのではないでしょうか。

複数枚のクレジットカードを状況に合わせて使い分けることでメリットもありますが、あまり多すぎても損をしてしまう場合もあります。クレジットカードの恩恵を無駄なく利用するために、クレジットカードの整理をオススメします。

増えすぎたクレジットカードの枚数を減らすメリット

・ポイントの分散を防ぐ
クレジットカードのポイントは一部のカードを除き、有効期限が設けられており、クレジットカードを使うことでポイントの有効期限が更新されるわけではありません。ポイントの有効期限は取得してから1年ないし2年ほどであり、有効期限が切れたポイントは失効し利用できなくなってしまいます。沢山のクレジットカードを使い分けることで、カードごとにポイントが貯まりますが、そのポイントは一定数貯まらないと利用できない場合もあるため、ある程度利用するクレジットカードを絞ったほうが無駄なくポイントを活用しやすくなります。

・支出の管理がし易くなる
沢山のクレジットカードを使い分けることは時に支出の管理を困難にします。普段は利用しないけれどもたまたま使ってみたカードの場合、使ったことを忘れてしまうということもないとは言い切れません。

・無駄な維持費を減らせる
年会費が有料のクレジットカードの場合、例え使わなかったとしても年会費の徴収は行われます。

使うクレジットカードを選別する方法

・一度も使っていないクレジットカードは解約する
所有しているクレジットカードを全て利用しているのであれば特に問題はありませんが、契約してから一度も利用していないクレジットカードがある場合には、そのカードの解約をおすすめします。特に年会費が発生するクレジットカードの場合、一度も利用していなくても年会費が発生してしまいます。また、使っていないクレジットカードを所持し続けることは、盗難や紛失のリスクを増やすことにもなります。

・重複した国際ブランドのクレジットカードは減らす
クレジットカードはカードの国際ブランドの加盟店でしか支払いに利用できません。複数枚のクレジットカードが異なる国際ブランドのカードであれば、利用範囲が広がり、使える場所が限定されにくいというメリットがあります。しかし、重複する国際ブランドのクレジットカードであれば特にメリットがないため、整理する際には異なる重複する国際ブランドを解約し、異なる国際ブランドのクレジットカードが手元に残るようにしましょう。

・メインとして主に使うクレジットカードを1枚に限定する
クレジットカードは発行元によって様々な優遇があり、スーパーや百貨店、家電量販店などで発行しているクレジットカードは、条件を満たすことで通常よりも多くのポイントが得やすく、銀行で発行されたクレジットカードは、キャッシュカードと一体化したものがあり、口座取引において手数料が安くなるものがあります。さらに航空系のクレジットカードはマイレージを貯めることができ、石油会社が発行しているクレジットカードは燃料費が安くなるなどの特徴があります。これら特徴をふまえ、支出習慣に合わせて利用しやすいクレジットカードを1枚に限定することで、ポイントの分散を防ぎ、カード特有の優待サービスも活用しやすくなります。

あわせて読む
クレジットカードをメインとサブで使い分けることのすすめ
クレジットカードには、食品やファッショ連、旅行や燃料関連など、様々な業種に特化した特典が用意されています。自身の消費傾向を把握し、普段よく使うメインのクレジットカードと、たまに使うサブとしてのクレジットカードを消費傾向に合わせ用意し、状況…

・予備のカードは付帯サービスで決める
メインのクレジットカードの他に、サブのクレジットカードを1、2枚残すことをおすすめします。サブのカードとしての役割は、割引やポイントサービス以外にあります。

一つの例として、旅行や出張に行く機会が多い方であれば、国内や海外旅行傷害保険が付帯されているカードがあれば安心です。また海外を訪れる機会が多ければ、海外の現地で現地通貨の現金が引き出せる海外キャッシュサービスが付帯されているクレジットカードが非常に便利です。

頻繁には利用しないけれども、たまに利用するサービスが付帯されているクレジットカードは、様々な場面に合わせて予備として所持していると有効に活用できるので無駄になりません。利用予定の付帯サービスごと1枚ずつ所持していれば十分ですので、重複している付帯サービスのクレジットカードがあれば解約することをおすすめします。

所持するクレジットカードの最適な枚数は、その人のライフスタイルによってそれぞれですが、複数枚所持している場合には不必要なカードが含まれている可能性もあるため、整理することを検討しましょう。

他の記事を読む