クレジットカード比較、クレカ初心者のための情報サイト
クレジットカード比較サイト - CAPARE

クレジットカードで信用情報を傷つけないために

信用情報とは、信用情報機関にてローンやクレジットカードなどの利用状況が記録された情報であり、クレジットカードにおいては、カードの申請審査に大きく関わってきます。

信用情報とは

信用情報とは、信用情報機関によってクレジットカードやローンなどの返済や支払状況などがまとめられた情報でで、支払いの遅延などの記録は、事故記録などとも言われています。各カード会社やローンの提供会社はこの記録を閲覧することができ、クレジットカードの申込時の審査においては、各カード会社は信用情報より事故記録などがないかなどを調べます。

クレジットカードの利用で気をつけるべきこと

クレジットカードは一時的にお金をカード会社へ建て替えてもらうことができる支払手段です。そのため、カード会社が定めた支払い日に請求額を全額支払う義務があります。万が一この期限を守れず支払いができなかった場合、その旨が信用情報に記録されてしまいます。ほとんどの場合、遅延が発生した時点で記録されると言われています。

事故記録が残ることで起きる影響

信用情報に事故記録が残ってしまった場合、他のクレジットカードやローンを申し込もうとしても、ほぼ審査に通らないと思ってよいでしょう。信用情報の事故記録は、全て完済しても5年以上は記録が残ると言われています。カード会社の審査基準にもよりますが、その記録がある限りは、審査に影響が出てしまう可能性があります。

クレジットカードの管理はしっかりとしましょう

信用情報に関していえば、クレジットカードを利用する上で大切なことは、カード会社が定める支払期限を守ることです。クレジットカードには分割払いなど、その場の支払いを助けてくれる便利な機能がありますが、利用の際には無理なく支払うことができるか、よく検討してから利用しましょう。

他の記事を読む