クレジットカード比較、クレカ初心者のための情報サイト
クレジットカード比較サイト - CAPARE

クレジットカードの解約方法と解約前に知っておきたいこと

増えすぎたクレジットカードや不要なクレジットカードを整理するためなど、クレジットカードを利用していると解約についても検討する機会があります。このページではクレジットカードの解約方法や、解約するときのリスクについてまとめています。

クレジットカードの解約方法について

クレジットカードの解約方法は、申込した時と比べはるかに簡単です。カード裏面に記載のカスタマーセンターに電話し、解約したいと伝えるだけで手続きができます。その際、解約理由を聞かれることがありますが、その理由によっては解約してもらえない、ということはありませんので安心して下さい。

クレジットカードを解約することで発生するリスクについて

上記のようにクレジットカードの解約手続きは非常に簡単ではありますが、解約した時にはその解約したクレジットカードに付随したものに全て影響がでます。

其の1:分割払いの利用残高 クレジットカードを解約する際、分割払いの利用分がまだ未払い出会った場合には、解約した時点で、残りの残高を全て一括で支払うことが求められます。分割払いは主に、高額な金額の支払い時に、月々の支払い額を抑えるために利用されていることが多い支払方法です。分割払いの利用残高を忘れてしまい、うっかりクレジットカードを解約してしまうと、残りの残高を全て一括で支払う負担が発生するため、金銭的に余裕がない時期の解約は避けたほうがよいでしょう。

其の2:ポイント クレジットカードを解約すると、そのクレジットカードで貯めたポイントが全て失効してしまいます。解約前に利用できる範囲で全てのポイントを使い切っていれば損はしませんが、せっかく貯めたポイントを使わずに捨ててしまうのはもったいないことです。急ぎで解約したい理由がない場合や、解約予定のクレジットカードを持っていても損をしないようであれば、ポイントを使い切ってから解約することも検討しましょう。

其の3:年会費 年会費は年に1回だけカード会社へ支払う会員費ですが、解約した際には年会費は一切戻ってきません。日割り計算もしていないため、高額な年会費であるハイグレードなクレジットカードを利用している方は、年会費が発生するタイミングまで使い切ってから、年会費が発生する前に解約したほうが無駄になることはないでしょう。

其の4:クレジットカードで支払っていた定期払い 公共料金などの定期払いをクレジットカードで契約していた場合、そのクレジットカードを解約することで、設定していた定期払い全てが解除されてしまいます。そうなると各支払先での再度支払方法の手続きをする必要があります。これ自体は手間が掛かるだけで損をすることは特にありません。しかし、クレジットカードで定期払いをしていたことを忘れた場合、定期払いしていた先で未払いが発生し、思わぬ損失が出てしまう可能性もあるため、解約前には事前に確認しておくようにしましょう。

其の5:追加カード 本カードの解約に伴い、ETCカードや家族カードなどの契約も自動的に解約されてしまいます。普段からよく利用している追加カードがあるのであれば、うっかり解約してしまわないようにしましょう。

他の記事を読む