クレジットカード比較、クレカ初心者のための情報サイト
クレジットカード比較サイト - CAPARE

マイルって何?マイレージの基本!クレジットカードでもマイルが貯まる

飛行機を利用すると良く耳にする「マイレージ」とか「マイル」という言葉。 最近では飛行機を利用しなくても聞く機会が増えました。

マイルは搭乗券などの航空関連のサービスに交換できたり、他のポイントへ交換して利用できるなど、さまざまな活用方法があります。

このページでは、マイルについての解説と、活用方法について記載しています。

マイレージサービスって何?

マイレージとは、搭乗距離に応じてポイントが獲得できる航空会社が行っているポイントプログラムです。世界中の航空会社で行われているサービスですが、JALの場合にはJALマイレージバンク(JMB)、ANAの場合にはANAマイレージクラブ(AMC)、デルタ空港の場合にはスカイマイル)など、各航空会社ごとのマイレージ会員になることで、その航空会社のマイレージサービスを受けることができます。

日本ではマイレージサービスという表現が一般的ですが、海外ではfrequent flyer program(FFP)と呼ぶのが一般的です。

マイルとは?

マイルとは、マイレージサービスで付与されるポイントの単位のことを指します。

マイルは搭乗距離に応じてポイントが得られる仕組みになっており、「マイル=区間基本マイル×積算率」の計算式で算出されます。

区間基本マイルは国際航空運送協会(IATA)によって決定される「運賃計算に使用する区間距離(TPM)」を基準としており、各航空会社ごとほぼ同じ数値となっています。積算率は各航空会社によって異なり、搭乗の際には、上記の計算式によって、獲得できるマイルが決定されます。

積算率は、各航空会社ごとでさまざまですが、会員グレードや座席グレード、航空券の種類によって変動します。一般的に安い座席グレードや割引航空券を利用した場合には75%や50%など積算率が低くなります。

マイルを貯めるメリット

貯めたマイルは、無料の航空券や割引、エコノミークラスからビジネスクラス・ファーストクラスなど座席のグレードアップなど、航空会社に関連したサービスに利用できます。また、航空会社がセレクトしたアイテムへの交換や電子マネーへの交換、さらに他社ポイントサービスへのポイント移行が可能な場合もあり、航空関連以外の場面にもさまざまな有効活用できます。

マイルを貯める方法

マイルは、各航空会社のマイレージ会員になることで、搭乗距離をベースに、航空券の種類や会員クラスなどに応じた分だけ獲得できます。

マイルは基本的には「マイル=区間基本マイル×積算率」の計算式で算出されますが、チケットの種類によって積算率が異なり、割引航空券や株主優待、ツアーの場合には、普通運賃やビジネスきっぷよりも低い積算率が設定されているため、同じ距離を搭乗してもチケットの種類によって得られるマイルが異なります。

しかしいずれにしても、チケットの種類に関わらず、より長距離の区間を搭乗するほど多くのポイントを得ることができることには変わりはありません。

また、航空会社が提携するクレジットカードでは、入会時などの特典や、クレジットカード独自のポイントからマイルへ移行させることで、マイルを獲得することも可能です。そのため、飛行機をあまり利用しない方でもマイルを十分に貯めることができます。

他の記事を読む