クレジットカード比較、クレカ初心者のための情報サイト
クレジットカード比較サイト - CAPARE

家族カードの特徴とメリット

クレジットカードの本カードとは別に、追加で申し込める「家族カード」。名前の通り家族が申込み・利用できるクレジットカードですが、その特徴についてまとめてみました。

家族カードの特徴

家族カードは、クレジットカードの本会員の他に追加カードとして申込みができる本会員の家族のみが利用できるクレジットカードです。

発行される家族カードは本会員のカードと同じもので、ゴールドカードであればゴールドカードの家族カード、スタンダードであればスタンダードのクレジットカードが発行され、本カードと同様のサービスが付帯しており、それぞれのサービスを受けることができます。

利用限度額は本会員と同額が基本的ですが、本会員と共有しての限度額となっています。例えば本会員の限度額が100万円であれば家族カードも限度額が100万円となりますが、合計200万円利用できるわけではなく、本会員と家族カードの合計が100万円を超える金額を利用することはできません。利用分の請求については、家族カードごとに発生せず、全て本会員へ一括して請求が発生し明細もまとめて送られるため、家族間でのクレジットカードの利用が管理しやすくなっています。

家族カードのメリット

・本契約が難しい家族の方でもクレジットカードが持てる
クレジットカードは誰でも持てるわけではなく、発行会社が定める基準を満たした人のみに対し発行します。ほとんどの場合、「安定した収入があること」が前提ですが、専業主婦の方や学生の方は発行の対象外となってしまうことも少なく有りません。家族カードは既に本会員の信用情報で成り立っている契約であるため、家業や高校生を除く18歳以上の学業に専念されている方でも発行してもらうことが可能です。

・利用分が管理しやすい
家族カードの請求はカードごとに発生するのではなく、本会員に対してまとめて発生します。異なる契約のクレジットカードの場合、請求が分散してしまうので、それぞれの請求を確認し管理をしなくてはなりませんが、家族カードであれば、まとめての管理ができるため、複数の請求を管理する手間を省くことができます。

・ポイントを貯めやすい
家族カードで得たポイントは、本会員にまとめて付与されます。複数枚のクレジットカードを利用している場合、それぞれのカードにポイントが付与されるため、それぞれのカードごとに有効期限を気にしなくてはなりません。また、カードによってはまとまったポイントでなければ使用することができないカードもあるため、あまりカードを利用しない場合にはポイントが無駄になってしまうこともあります。

家族カードであれば、ポイントが分散しないため、有効期限カードごとに気にすることなく効率よく貯めることができます。

家族カードの使いどころ

家族カードのメリットは家族の消費が把握しやすい点にあります。利用方法は人それぞれでしょうが、例えば、大学など学業で離れて生活する子供や、海外に行く機会が多い家族などが利用するケースなどが考えられます。

離れて生活している学生の場合、仕送りが必要でしょうが、口座間でのお金のやり取りが減るため手数料分が無駄にならず、親が明細を管理することで、使いすぎを防止できるなどのメリットがあります。また、海外の場合には、現地通貨へ両替し慣れない通貨を管理するという不安要素を解消することもできます。

家族カードは発行会社ごとに利用条件などを定めているため、申込みの際には各カード会社にて確認しましょう。

他の記事を読む