クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの申込方法について。審査から発行までの流れ

クレジットカードを発行してもらうためには、カード会社が求める書類を提出し、審査に通過しなくてはなりません。このページでは、申込み方法や審査内容、発行までの流れについてまとめています。

クレジットカードの申込方法とは

クレジットカードの申込みから発行までのおおまかな流れは、

・カード会社が用意した申込書類に必要事項を記入する。
・カード会社から求められた収入証明などの書類を用意する。
・申込書類等をカード会社へ提出
・審査
・審査に通過した場合、郵送にてカードが送られる
となります。

クレジットカードの申込は、商業施設に設けられた専用のブースや電話、インターネットなどから可能ですが、インターネットはオンライン上で身分証明などの書類の提出ができ、他の手段に比べ早く審査まで手続きが進むため、おすすめです。

また、申込みには一定の基準があり、これを満たしていないと申込ができません。

クレジットカードの申込条件とは

申込みの最低基準は、高校生を除く18歳以上であり、安定した収入があることが条件です。

安定した収入の基準はカード会社やカードのグレードによって異なりますが、18歳以上で短大生や大学生であり、収入源がアルバイトであったとしても申込が可能なクレジットカードもあります。また、既に退職をしている年金受給者の方であっても、年金を収入と見なし申込が可能である場合もあります。働きに出ていない専業主婦の方の場合は、配偶者を審査対象として申込が可能など、様々な方を対象に審査基準を設けていることもあります。

いずれにしても収入に関しては収入証明が求められ、源泉徴収票や給料明細など、得た利益を証明できる書類の提出を必要とします。

また、申込みの際には、クレジットカードで利用したい金額、限度額を希望することもできます。

カード会社が行う審査とは

クレジットカードは信用取引と呼ばれるものであり、カード決済した際には、一時的にカード会社に支払いを立て替えてもらうことなります。そのため、クレジットカードの審査は、返済能力があるかを確認するため、収入面や信用情報機関に記録されている信用情報の記録などが調査されます。

収入に関しては、提出した源泉徴収票や給料明細などによって行われますが、本当にその企業へ勤めているのか在籍確認が行われることがあります。

また、信用情報では、現在抱えているローンや他社のクレジットカードの利用状況、延滞などの金融事故の記録が全て記録されています。一般的に事故記録があると審査は通りにくくなりますが、この事故記録は全て完済したとしても数年残り続け、審査に影響を及ぼすこともあります。

さらに、短期間の間に複数のカード会社へ申込した場合も審査に通過しにくくなると言われています。

審査後、発行まで

クレジットカードの審査に通った場合には、郵送にてカードが送られてきます。その際に限度額の通知も行われますが、これは審査結果に基づきカード会社が決定するため、希望した限度額が必ずしも利用できるというわけではありません。

他の記事を読む